サテライトサイト納品までの流れ

自分で作るほか、専門業者への外注もできるサテライトサイト。
実際に外注を利用したとき、納品までの流れはどうなるのでしょうか?
まずは業者への依頼からスタートです。
サテライトサイトの制作を請け負っている専門業者は、Web上で依頼の受付やサービスの案内を行っていることが多いため、インターネットで検索し、依頼したい業者を探すといいです。

依頼時には、その業者の依頼フォームから申込み内容を送信します。
業者によっては電話での依頼も可能になっており、急ぐときには電話での依頼がよくおすすめされています。
これはサテライトサイト制作の急ぎ具合に応じて、どちらにするか選ぶといいでしょう。
依頼をすると、制作内容やその期限などについて、業者から連絡があります。
連絡は電話やメールとなることが多く、直接対面しての打ち合わせは必要ないことが多いです。
どこかへ来店する時間がない方からは、この点が人気ですね。

条件で合意できたら、あとは料金の支払いです。
これが終われば、制作がスタートします。
この間、依頼者の方でやることはほとんどありません。
サテライトサイトが完成し、納品されるまでにはどれだけ早くても1週間以上はかかることが多いですから、この間は待っていてください。
納品期限までには納品されます。
いつが期限となるかは、依頼後の連絡時にお知らせされますから、このときによく確認しておくといいでしょう。

サテライトサイトが完成したら、いよいよ納品となります。
このときに不備がないよう、業者の側で検品した上での引き渡しとなりますが、希望通りの仕上がりになっているか、依頼者の方でも確認できることもあります。
もしそれを希望するときは、事前に業者まで相談しておくといいでしょう。
対応可能な業者なら、完成したサテライトサイトのイメージを見せてもらえます。

問題なければ納品されます。
納品物はサイトのデータとなることが多いです。
それをサーバへとアップロードすると、すぐにサテライトサイトとして使用できます。
これが基本的な納品までの流れになります。

なお、サテライトサイトを業者に依頼すると、まとまった数になることも多いでしょう。
ときには50〜100サイトという大量制作になることもありますが、このときはある程度の分量ごとに、完成したサイトから小分けにして納品することも可能です。
完成したサイトごとに、どんどんサテライトサイトとして公開し、運用していけます。
業者を利用したときの納品までの流れは、このようになります。