サテライトサイトの役割

ときには業者への外注も利用しつつ、サテライトサイトの制作は行われることもあるのですが、その役割はどんなものでしょうか?
これは本サイトのアクセスを増加させることです。
サテライトサイトを作る方は、基本的にサイト運営をされている方です。
そのような方にとって、自サイトのアクセス数は大事ですよね。
最近はサイト運営で収益を上げている方も多いですが、アクセス数は収益にも直結しやすく、アクセスをどれだけ増やせるかで、収益が決まることも多いです。

そのため少しでもアクセスを増やせるよう、いろいろと施策が行われることもあるのですが、その1つになっているのがサテライトサイトです。
これがアクセスを増やす役割を果たせるのは、これのおかげで自サイトのSEO対策ができるため。
各サイトの表示順位は、そのサイトの評価によるのですが、サテライトサイトはこの評価を高めるのに役立ちます。

ここで基準の1つになっているのが、そのサイトが他のサイトより受けているリンクの数。
たくさんのサイトからリンクを受けているサイトほど、品質が高いと判断され、上位表示されやすくなるのです。
そのリンクを増やすため、自サイトとはまた別に新しい衛星サイトを作るわけです。
ですから衛星サイトが完成したら、そちらから本命の自サイトまで、リンクを張ることになります。
これで本命のサイトが受けているリンクの数を増やし、上位表示されやすくするのが、この施策のポイントです。

また、衛星サイトの役割には、検索エンジンからの直接アクセス以外にも、本命のサイトへアクセスできるルートを作ることもあります。
サテライトサイトから本サイトへリンクを張るため、その衛星サイトを経由して、本サイトまでアクセスできますよね。
衛星サイトを本サイトとは少し違う切り口で作成すれば、本サイトには直接アクセスしてこない別のユーザーを集客できます。

サイトで紹介しているコンテンツに興味を持ってもらえれば、衛星サイトに張ったリンクから本サイトへと誘導でき、そちらで売っている商品などを買ってもらえる可能性が出てくるわけです。
このような役割があり、サテライトサイトは結局、本命のサイトのアクセスを増やすために制作されます。

ただ、この役割をきちんと果たせるサテライトサイトを作るには、最近ではその衛星サイトの品質が大事です。
これが低いと、本サイトの上位表示は難しくなりますし、衛星サイト経由でのアクセスもあまり期待できません。
そのため最近では業者に制作を依頼したり、自分で作るときは非常に丁寧に作るのが主流になっています。