サテライトサイトとペナルティ

サテライトサイトを実際に作るときには、ペナルティを受けないようにやることが大事です。
この点は専門業者に依頼するとあまり心配する必要はありませんが、自分で作るときには特に知っておきたいポイントになるでしょう。
サテライトサイトを使った施策は、自分が運営している特定のサイトの表示順位を高める目的で行うものですよね。
この行為が完全に禁止されているわけではありませんが、表示順位を高めるためだけに不自然な施策を過度に行うと、検索エンジンからペナルティを課せられることがあります。
サテライトサイトを使った施策も、この対象になる可能性があるのです。

もしペナルティを課せられると、どうなるのでしょうか?
このときは表示順位を逆に大きく下げられ、普通に検索したとき、まず見ないような下位ページにまでその表示順を落とされるのです。
アクセスを増やそうとしていた本命のサイトでこれを受けた場合、アクセスがこれまでの比ではないレベルにまで落ちる恐れもありますから、ペナルティを受けるような施策は極力避けるのが基本です。

サテライトサイトがペナルティの対象になるのは、どんなときでしょうか?
よくあるのが、内容の薄いサイトを大量に作り、そこから本サイトへのリンクを大量に張るという方法です。
これは以前に有効だった対策で、実際にこれで本サイトのSEO対策ができた時期もあったのです。
しかし現在ではもう検索エンジンによりペナルティを受ける方法となっており、今からサテライトサイトを作るなら、基本的に避けるべき方法になっています。
似たような施策として、本サイトと関係ないサイトを大量に作り、そこから本サイトへリンクを張るという方法もありますが、これもペナルティを受けることがあります。

これ以外にも、自動作成プログラムで作った機械的なコンテンツや、同じドメインやサーバのサイトからの過度なリンクなど、ペナルティの対象になることがありますね。
知っておきたい基本的なポイントとして、自分が上位表示させたいサイトのSEO対策のためだけに、自作自演の施策をすると、ペナルティの対象になる可能性があります。
サテライトサイトを作るときも、そのような施策だと判断されるような方法は、基本的に避けてください。

そのため、自分でサテライトサイトを作るときは、その衛星サイトも本サイトのようにきちんと作るのが基本です。
そのため手間もかかりますから、これを省くため、専門業者に外注されることもあります。
自分でやれなくもない施策ですが、実際にやるときはこのペナルティのことをよくチェックしておきましょう。